仕事の関係者とのゴルフは、雑菌臭のないウインドブレーカーを羽織りましょう。ウェアもクリーニングが便利です。

ゴルフで着用したウェアのお手入れ
ゴルフで着用したウェアのお手入れ

ゴルフで着用したウェアの取り扱い方

仕事の関係者とゴルフに出掛けるときには、ウェアにも注意をしましょう。スポーツとして楽しむのは良いことですし、仕事の関係者だからといって余計な緊張をするのは、帰ってお互いにマイナスになってしまうと思います。しかし服装だけは、基本的には清潔感を重視して、匂いに気をつけることをオススメします。というのも、自分では自分の服装の匂いは気づきにくいものだからです。気になる匂いとして挙げられるのが、羽織るタイプのウインドブレーカーなどの雑菌です。シャツは洗濯する人が多いと思いますが、羽織るだけのウインドブレーカーを洗濯する人は少ないのではないでしょうか。スポーツを楽しんだ後で、しっかりと汗を乾燥させておかないと、雑菌が悪臭を放つ原因になってしまうことがあるのです。友人同士でしたら、長年の付き合いということもあり、実は匂いに気づかないという事もありますし、仮に悪臭がしたとしても友人として指摘しあえます。しかし仕事の関係者とは、悪臭に気づいても指摘しあえることは、まず無いと言っても良いでしょう。相手には不快感だけが残ってしまう恐れがあるのです。
仕事の関係者とゴルフをするときには、クリーニング済みのウインドブレーカーを羽織ることをオススメします。ウインドブレーカーはクリーニング専門店で、とてもキレイにしてくれます。自宅の洗濯機で洗っても良いのかどうか迷う人も多いと思いますので、ウインドブレーカーのように、基本的に洗濯しないタイプの上着類はクリーニングに依頼するのが良いと言えます。なお、頻繁にプレイするのでなければ、スポーツ直後にウェアもクリーニングに出しておくと良いと思います。なぜならば、クリーニングに出しておけば、クリーニング後に受け取って、そのまま保管しておいて、プレー日に開けて着れば良いからです。これならば、自宅での洗濯後の雑菌臭の懸念もありません。週に何回か着用すると言う場合には、クリーニングに出していると予算が掛かってしまいますから、仕事の関係者とのプレーで着用する分のみクリーニングに出しておいては、いかがでしょうか。

Copyright (C)2014ゴルフで着用したウェアのお手入れ.All rights reserved.